ソーラーサーキットの家を建てる工務店の会 東海四季の会

施工事例

豊田市A様邸

IMGP0050IMGP0483IMGP0045DSC_9297IMGP0577IMGP0587豊田市A邸 (2)豊田市A邸IMGP0557IMGP0577

[株式会社岡山建築工房]

 

大屋根がある黒くてモダンな家

外観玄関 LDK ダイニングリビング フリールーム 子供部屋

■外観
南間口の広さを活かして存在感いっぱいの大屋根の家ができました。
外壁も黒系でモダンな印象のお宅です。

■玄関
家族用とお客様用に分かれた玄関は、お客様の突然の来訪でも玄関まわりがすっきり片付いていいですね。

■LDK
家族用とお客様用に分かれた玄関は、お客様の突然の来訪でも玄関まわりがすっきり片付いていいですね。 明るい広々リビング、落ち着いたダイニング、そしてすべてを見渡せるキッチンへとつながります。

■フリールーム
大屋根の上部はリビングからつながるフリールーム。 第2のリビングとして、ファミリー専用として、あるいはお父さんの書斎として、いろいろな使い道がありますね。

■子ども部屋
お子さんの成長や使い勝手に合わせて、ある時は開放的にまたある時はそれぞれが個室にもなる、フレキシブルな子供部屋です。
お子さんが独立されたらご夫婦の趣味の部屋や教室などにも使えますね。

[大清建設株式会社]

 

豊田市Y様邸

豊田市Y邸 (2)豊田市Y邸

外観を旧足助町(現豊田市足助地区)の指定により板張り・漆喰・和瓦に仕上げました。
ソーラーサーキットの家でもこのような純和風な外観の家にもできます。
お施主様のご要望と大工のこだわりをうまく噛み合わすことの出来たマイホームの完成です。

■キッチン・ダイニング周辺

建物の立地上北側の風景が里山の味わいを出しているので北側に大きい窓をつけました。
人通りもあるので、ただ大きい掃き出しの窓を取り付けるのではなく、二つの窓を上下に取り付けその間に壁を作り目隠しにしました。

そのことにより風の通りもよく、目隠しにもなり
一石二鳥となりました。
ソーラーサーキットの建物では北側に大きな窓を取り付けても冬場の寒さは従来の木造建築に
比べ暖かく過ごすことが出来ます。

■天井高のあるリビング
LDK20畳(リビングのみ12.5畳)

内装建具の高さまで無垢板(ヒノキに見えてしまいますが実は松系の木です)を使用しています。
その上の白い部分は珪藻土を用いています。
米松の梁と梁の間に張ってある天上は吸音性のある天井材です。(白・ダイケン製)
写真奥に写っているストーブはコロナ製のFF式石油ストーブです。
FF式ですので外気を取り入れ外へ排気をするので室内の空気は汚れません。

輻射熱ですのでとても体が温まります。

■仏間(8畳)

最近は畳の部屋が減っています。
お客様からのご要望で仏間をご用意しました。


写真の部屋はオーソドックスな8畳仏間ですが少しモダン風にする畳の間的な部屋も面白いと思います。

お客様のライフスタイルに合わせ仏間も
設計に取り入れいたします。

[株式会社岡山建築工房]

 

2階にLDKとロフトのあるソーラーサーキットの家

 

施工 株式会社岡山建築工房  http://www.okaken55.com/

 

明るい中庭を囲む平屋住宅 

■外観
ネイビーブルーのガルバリウム鋼板の外壁にイエローを差して表情を引き締めています。
綺麗なポーチタイルの段のところにも同じ雰囲気でイエローを差し色に使っています。 
赤いポストもアクセントになっていますね(車も意識して赤です・・・)。

 

■玄関ホール

ホール正面の上下の窓から中庭の光が差し込んでくる明るい玄関ホールです。正面のニッチはキャンバスとしていろいろな表情を作れます。玄関のタイルのパターンも可愛く仕上げています。

 

■中庭を囲むリビング

リビングから段差のないデッキにつながる明るい中庭です。
平屋なので囲われた中庭でも光がいっぱい差し込みます。 
天気のいい日にはサッシを全開放して過ごせます。

 

■キッチン~リビング

パーティーシンクのあるモザイクタイル貼りのキッチンカウンターがアクセントです。
カウンター横のダークブラウンのカップボードはリビングの収納ベンチシートとつながっています。
リビングスペースの壁はカラフルですが、統一感も感じられます。

 

■トイレ

少し大き目のトイレにはカウンターのある手洗いを付けました。カウンターのタイルはお客さまが自分で貼られたものです。

施工 大清建設株式会社

 

ユニークな形状をしたオンリーワンのデザイナーズハウス

三重県伊賀市 Y様邸

坪数 約50坪

ユニークな形状をしたオンリーワンのデザイナーズハウス

 

高台に建つロッジ風の家

 

 

■外観
道路からの高低差が5mもある高台の土地に一級建築士でもあるお客様が工夫して設計したロッジ風の住まいです。 木を使った外壁や煙突、ウッドデッキなど名古屋市内とは思えない雰囲気の建物になりました。

■屋根のあるウッドデッキからは緑地公園までの眺望が最高です。夏にはテーブルで夜景を見ながらの夕涼みの一杯を楽しむそうです。プライバシーを気にしなくていい、高台ならではの楽しみ方ですね。

■玄関も特注の木製ドアです。玄関収納も天然の木を使っています。

■大屋根の下はリビング・ダイニングの吹抜空間が広がっています。一部をロフトとして、収納や隠れ家的な居室として利用できるようにしています。

■暖炉のあるリビングは楽器セッションが出来るくらいのスペースがあります(ギターは施主のMさん、アフリカの楽器ジャンベは社長の岡島です。奥様が微笑ましく眺めてくれています)。

■吹抜空間にはトップライトからの光があり、格子状の手摺を通して2階とも明るくつながっています。

■キッチン周りも天然の木を使った食器や家電の収納棚があり、内装が統一されています。

■リビング・ダイニングとつながった和室も内装イメージがつながっています。

■二人のお子さんの部屋からの眺めはこの家で最高です。建築法規によって高さを抑えられているため、天井は斜めですが、かえってよい雰囲気が出ています。

[大清建設株式会社]

 

 


PageTop